HouseH1

/
新築住宅
2004 December

高低差のある敷地に計画された二世帯住宅。
どうしても大きくなってしまう全体のボリューム、威圧感を軽減させるためにその高低差を利用して、道路からは2階部分のみが見えるように考えました。
薪ストーブのある広いリビングとダイニングキッチンは、目隠し壁で区切りながらも傾斜天井で一体化させ、広がりのある気持ちのよい大空間になっています。

構  造: 木造在来工法
規  模: 地上2階建て
延べ面積: 373.02㎡(112.83坪)

※旧所属事務所担当作品